子連れでの結婚式に招待された時に気を付けるポイント!

迷惑がかからないようにしよう!

結婚式に子供と一緒に招待された場合、1番気を付けないといけないのは結婚式を妨げにならないことです。結婚式は静粛な場なので、沈黙を必要としなけばれいけないときがたくさんありますよね。でも、そんなこと子供は分かりませんよね。時に大声で話したり、席を立ちあがってしまうこともあるかもしれません。大声を出してしまったら、子どもだから仕方ないね、ではすまないこともありますよね。新郎新婦にとっては大事な結婚式なので邪魔をしてはいけません。子供が飽きたかな、と思ったらその場を離れたり気分転換をさせるようにして式の妨げにならないようにしましょう。

式場のスタッフさんに伝えておこう

新郎新婦の方から式場のスタッフさんに、○歳の子供も招待するのでもしもの時は配慮をお願いしたい、ということを事前に一言言って貰うといいかもしれないですね。今までも、子供も招待しているカップルは多くいます。もし途中で騒いでしまったら途中で場を離れるようにしたり、小さい部屋を用意してくれることもあります。自分達でも、絵本やおもちゃ、お絵かきの道具、お菓子など子供が飽きてしまった時に気を紛らわせるような物を持って行くのを忘れてはいけないですよ。

子供もドレスアップさせよう

子供だから普段着でもいいかな、ではいけませんよ。もし、子供が嫌がったりするなら無理強いしてはいけませんがそうでなければ子供もドレスアップしてあげましょう!女の子は、シャツにスカートやワンピース、ドレスで参列するといいですね。男の子は、シャツにパンツスタイルが定番です。ネクタイもしめると小さな紳士みたいで可愛らしいですよ。せっかくだからドレスアップさせたい!というならレンタルをすれば大人顔負けのドレスやスーツを借りることが出来ます。子供も気分が盛り上がるし、華やかになるのでおすすめですよ!

鶴岡八幡宮で結婚式で式を挙げたいと望んでいるなら、事前に詳しく調べることが大切です。実際に式を挙げた方々の経験談はとても参考になります。