授かり婚!妊婦さんの結婚式場選びの3ポイント

通いやすい場所をチョイス!

赤ちゃんが出来た!そこから入籍をして結婚式を挙げる、いわゆる「授かり婚」をするカップルが年々増えています。妊娠が分かって急いで結婚式の準備をしたとしても、最低でも3~4か月かかってしまいます。安定期のうちに結婚式当日を迎えるのであれば、おのずと妊娠初期の段階から式場に足を運ばなければいけなくなります。実は結婚式の打ち合わせは想像以上に回数が多く、式が近づくにつれて週1回は通わないといけない、なんてことも。妊婦さんにとっては外出するだけでも一苦労。理想も大事ですが、体が一番!なるべく通いやすく1時間以内の場所を選びましょう!

ウエディングドレスの種類をチェック!

妊娠初期は目立たないおなか。ですが妊娠中期になってくるとどんどん大きくなってきます。最初のころに選んだドレスが、当日にはサイズが合わなくなることも考えられます。そこでおなかが大きくなっても対応できるドレスを選べることが重要になってきます。あまりドレスの種類がない式場を選んでしまうと、サイズがあってもお気に入りのものがないという悲しい結果になりかねません。サイズも色も形も、いろいろ選べるかどうか、事前に確認しておきましょう。

経験値の高いコーディネーターさんをご指名!

実は妊婦さんのウエディングは、コーディネーターさんにアドバイスをもらうことやサポートしてもらうことが多くなります。たとえばプログラムの進行に無理がないか、食べ物や飲み物が体に影響がないか、つまずきやすいところはないか、など挙げだしたらきりがありません。そこで経験豊かなコーディネーターさんをご指名できれば、心強いですよね!アドバイスはもちろんのこと、今までどんな式をしてきたのかも聞けるので、できることのバリエーションも増えてきます。指名なんて悪いかな…なんて思わずに、思い切って聞いてみましょう。大切な結婚式、体に気を付けながら素敵なものにしてくださいね!

結婚式場に4つのスタイルがあるのはご存知ですか。ホテル式、レストラン式、ゲストハウス式、神前式。福岡の結婚式場は駅からのアクセスがよく、自分のしたいスタイルに合わせて選ぶことができます。